ホーム > 会社案内 > 会社沿革

会社案内

会社沿革

プロローグ   昭和41年(1966年)に 長野 寛 が実弟の 長野 茂 と共に商事会社として
本社を東京都千代田区神田三崎町に創設・長崎市辻町に長崎出張所を開設いたしました。
  その後、本社・出張所共に着実に事業発展しましたが、取扱い営業品目の相違から、
昭和43年に経営の合理化と事業拡大のために社名は引継ぎ、長崎出張所を別会社として
分離独立いたしました。

沿革
■ 昭和41年(1966) 長崎市辻町に長崎出張所を開設。
長崎出張所
■ 昭和42年(1967) 長崎出張所を現在の駐車場所在地(本原町)に移転新築。
■ 昭和43年(1968) 長崎出張所を分離独立、鋼和株式会社を設立し初代社長に
長野 寛 が就任。
鋼和株式会社創立
■ 昭和44年(1969) 切削工具の再研磨事業を開始。
■ 昭和52年(1977) 長崎市扇町に切削工具再研磨の空調完備の工場を新設。
■ 昭和57年(1982) ファックス(三菱電機メルファス)を導入。長崎大水害に罹災。
■ 昭和59年(1984) コンピューター(IBM5550)を導入し、事務処理を電算化。
■ 平成1年(1989) 長崎市扇町の工場を増築し、本社を移転。
本社跡地(本原町)に物流倉庫を新設。
鋼和株式会社扇町移転
■ 平成2年(1990) 三菱重工業(株) 長崎造船所様の工具再研磨の全面外注委託を受け、第二工場(クリスマスカッタ再研磨工場)を新設。
■ 平成3年(1991) 工場部門を分社し有限会社コーケンを設立。
初代社長に 長野 道彦 が就任。
■ 平成4年(1992) 第一工場内に工具収納用ロータリーストッカーを新設。
第二工場を増設し、ホブ研磨・ブローチ研磨を開始。
■ 平成5年(1993) 二代社長に 長野 道彦 、初代会長に 長野 寛 がそれぞれ就任。
■ 平成6年(1994) 初代会長 長野 寛 が相談役に就任。
■ 平成7年(1995) 設計部にCADを導入。研磨工場の事務処理を電算化。
■ 平成9年(1997) 本社工場を増築し、第二工場を集約。
ロータリーストッカー及び精密万能投影機を増設。
ノートパソコンを事務系社員全員に配布、社内LANを構築。
■ 平成11年(1999) 物流センター(4階建て)を新設し、3階に設計部を移転。
物流倉庫跡地に駐車場を新設。
物流センター
■ 平成12年(2000) ドメインを取得し、ホームページを開設。
■ 平成13年(2001) ルーターを導入し、イントラネット環境へ移行。
■ 平成15年(2003) 光ファイバー高速インターネット・FTTH(Bフレッツ 100Mbps)を導入。
■ 平成23年(2011) ISO9001:2008認証を取得。新たに経営理念を掲げる。
エピローグ   これまで「鋼和株式会社」はお客様・メーカー様と共に、歩んでまいりました。
  そして、これからもお客様の技術開発と生産性向上の一助として常に即応態勢を整えて、事業に取組み、社会に貢献する会社として社員一同、一丸となって誠実に努力いたす所存でございます。
  今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。